医療保険とがん保険には大きな違いがある

がん保険を知る

がん保険に加入されている方は大勢いらっしゃるでしょうが、まだ加入されていない方もいるのではないでしょうか。医療保険に入っているから大丈夫だと思っている方もいるかもしれませんが、医療保険とがん保険には大きな違いがあります。

一般の医療保険は病気やケガで入院、手術をした時に給付金が支払われます。もちろんがんで入院した場合でも給付の対象になりますが、1回の入院の日数には必ず制限があります。そして、同じ病気で再入院した場合は、前回の退院から180日経過していないと1回の入院とみなされ、給付金は支給されません。

がん保険は、がんにのみ対応している保険です。がんと診断された時に診断給付金が給付され、がんによる入院、手術、死亡に対しての給付金が支払われます。医療保険と違い、1回の入院に対しての日数制限がありませんので、治療が長期化したり、再発による入院が必要になっても対応出来るのも特徴の1つでしょう。

周囲でがんと診断され、手術、入院をされた方が、がん保険に入ってて良かったという話をよくされています。医療保険だけでは保障されない部分をカバーしてくれますので、まだ加入されていない方は資料を取り寄せたり、話を聞いてみてはどうでしょうか。

お知らせ